カテゴリ

  • 靴店(靴屋)、靴販売店
  • 履物店
  • 靴修理店
  • 靴磨き・レザーメンテンス専門店
  • その他修理(バッグ修理、合鍵作製など)
  • オーダーシューズ(オーダーメイドシューズ・ビスポークシューズ・注文靴・誂え靴)店、靴職人など
  • 靴通販店(Webショップなど)
  • IT・テクノロジー
  • 靴作り教室、靴の学校(スクール)、靴づくりワークショップ
  • 靴製造・靴卸売(靴メーカー、商社、靴問屋など)
  • 靴用品・靴資材・皮革
  • 靴業界のメディア(雑誌、出版社など)
  • 靴業界の協会・組合・団体
  • フットケア
  • バッグ・財布などの革製品、レザークラフト
  • ファッション・美容など
  • その他サービス

メールマガジン

無料メルマガに登録して
おトクな最新情報をゲット★
 
送信

ブログ記事を無料で表示いたします
 

シューパラ公式SNS

■Facebook(フェイスブック)


■Twitter(ツイッター)

■LINE公式アカウント
shoepara LINE公式アカウント
LINE友だち追加

■Instagram(インスタグラム)
instagram-shoepara

instagram-SneakerFan

instagram-革靴FAN
広告募集中

日本靴工業会 主催 新しい販路開拓を目指すWeb VR展示会公開!〜靴業界初!バーチャルモールでニューノーマルなビジネススタイルを〜  

  • image1
クレヨンピクチャーズ株式会社は特定非営利活動法人 日本靴工業会(以下、当会/東京都中央区・理事長:武川 雄二)の依頼を受け、2021年9月28日に当会会員5社合同のWeb VRモールを制作いたしました。

コロナ禍において加速する、リアル店舗の売上やビジネスチャンスの減少を機に、靴業界では初となるWeb VRを用いた新たにデジタルマーケティングの分野を開拓。
当会主催バーチャルモール(以下、VRモール)へ参加する5企業の取り扱う革靴・その他靴等の品質の高さ、デザイン力の高さをアピールし、販路開拓していくための一助と致します。

【VR体験URL】
http://www.jsma.sakura.ne.jp/
QRコード

【参加企業(五十音順)】
大塚製靴株式会社(東京都大田区)
東立製靴株式会社(千葉県柏市)
株式会社ハルタ(東京都足立区)
マドラス株式会社(愛知県名古屋市)
株式会社リーガルコーポレーション(千葉県浦安市)
他、当会の主催ブース含む

■VRモールの概要
VRモールは、各社の最新トレンド情報や季節の新アイテム、社史や自社の取り組みなどを紹介するホームページ、ECサイト、コンテンツサイトへ簡単に遷移するポータルサイトとして機能致しますBtoBのビジネスユースをメインに見込んでおり、バイヤー様、小売店様に向け新たな商品価値を提示し、販売促進につなげることを目的とし、開催致します。

デジタルによる3次元空間を活用したコンテンツをEコマースへ誘導するきっかけとして導入することにより、アナログな形の展示会、ポップアップショップなどの従来の顧客獲得ルートに次いで、コロナ禍のニューノーマル化へ対応した新しい訪問・購買体験を提供し、営業活動の進化を目指すものとしております。

日本靴工業会 バーチャルモール

■ストレスフリーなVR体験
「VR」でイメージされるものというと、ヘッドギアとコントローラーを装着して操作するもの、またアプリやソフトをインストールして初めて起動できるもの、といったデジタル浸透層向けの領域というハードルの高いイメージがございます。
当会の提供するVRモールは、そんなイメージを払拭する、誰でも気軽に、デバイスのスペックに殆ど依存せず体験が可能なWeb VR(ウェブブラウザ上で閲覧体験ができるVR)での開催となっています。
PCはもちろん、スマートフォン、タブレットでブラウザからアクセスするだけで、3人称視点のVRコンテンツを気軽に体験することが可能です。

【推奨環境】
最新バージョンのGoogle Chrome、Firefox、Safari

メモリ:8G以上

Internet Explorer非対応
Microsoft Edgeですと上手く動作しない場合がございます。

■業界きってのDX推進の試み
コロナ禍でダメージを受けたリアル店舗の商活動を再活性化させる意味においても、今後も引き続きリアル・デジタル双方のプロモーション活動が必須になっていきます。
それが単なるWEBサイトのリニューアルといったものではなく、根本的に新しいパラダイムの展開であることが重要になります。当会が今回を皮切りに業界きってのDX推進を牽引し、国内の多様な商施設、商装置のモデルケースとなり、小売店、飲食、サービス業の広告における「デジタルシフト」を促進させる効果をもたらせればと考えています。