カテゴリ

  • 靴店(靴屋)、靴販売店
  • 履物店
  • 靴修理店
  • 靴磨き・レザーメンテンス専門店
  • その他修理(バッグ修理、合鍵作製など)
  • オーダーシューズ(オーダーメイドシューズ・ビスポークシューズ・注文靴・誂え靴)店、靴職人など
  • 靴通販店(Webショップなど)
  • IT・テクノロジー
  • 靴作り教室、靴の学校(スクール)、靴づくりワークショップ
  • 靴製造・靴卸売(靴メーカー、商社、靴問屋など)
  • 靴用品・靴資材・皮革
  • 靴業界のメディア(雑誌、出版社など)
  • 靴業界の協会・組合・団体
  • フットケア
  • バッグ・財布などの革製品、レザークラフト
  • ファッション・美容など
  • その他サービス

メールマガジン

無料メルマガに登録して
おトクな最新情報をゲット★
 
送信

ブログ記事を無料で表示いたします
 

シューパラ公式SNS

■Facebook(フェイスブック)


■Twitter(ツイッター)

■LINE公式アカウント
shoepara LINE公式アカウント
LINE友だち追加

■Instagram(インスタグラム)
instagram-shoepara

instagram-SneakerFan

instagram-革靴FAN
広告募集中

シューパシャ!

2021/10/10 19:04

PRADA SPORT (1999)

フォーマルなストレートチップをスポーティな流線型へとアレンジしたスニーカー。というのが購入理由なのではなく、実際には、1番人気のドローコード付きのスリップオンが売り切れ、残された選択肢がこの形だけであった。 雑誌エル・ジャポンでプラダスポーツのスニーカー・デビューが海外でとにかく話題だと特集されていたことと、朝刊の一面に踵の赤いラインが印象的なスニーカーの広告がバン!と載ったのを覚えている。たしか98の秋冬だったのではないか。デビュー時には買えず、私が購入したのは2または3期目だったと思う。タケオキクチはすぐにコピーして青いラインのスニーカーを売り出し、他にも巷にはコピーが溢れた。踵にラインを入れるデザインはシンプルかつ完璧なバランスの発明であり、それ以降プラダの印象が強く誰も真似できない。アウトソールにはPRADAロゴ以外に、vibram社のロゴとexclusive for PRADAの表記が刻まれ印象的であった。数年前(2018?)に同じシューズが復刻されているが、定価は当時より数万円高くなっていた。 [くつみがきのチレミイ アーカイブス]

携帯からもパソコンからも投稿はカンタン!普段友達や家族に送っているメールと同じようにタイトルと本文、掲載したい画像を添付して指定の専用アドレスにメール送信するだけ!