靴・シューズ専門ポータルサイト運営・HP作成/株式会社パラシューネット

靴・シューズ専門ポータルサイト運営・HP作成/株式会社パラシューネット 【関東】

Tel:03-6281-0085

靴業界専門ポータルメディアサイト「shoepara.jp(シューパラ)」の運営。

無料サービス

靴の製法



グッドイヤーウェルト製法(グッドイヤー製法・グッドイヤーウェルテッド製法)
グッドイヤーウェルト製法(グッドイヤー製法・グッドイヤーウェルテッド製法)
グッドイヤーウェルテッド製法とも言いますが、略してグッドイヤー製法とも呼ばれています。 19世紀初めごろ、米国のチャールズ・グッドイヤー二世(親のチャールズ・グッドイヤーはアメリカの発明家。加硫ゴムを発明したことで、タイヤメーカー「GOODYEAR」の社名の由来となった。)が、それまで手縫いだった靴を機械化に成功したためこの名が付いた。現在ではセメント式など、簡素化した靴製法の技術が発達したため少なくなったが、本格派の高級紳士靴などには、今でもこの製法が使われている。他の製法に比べ、職人の技術が重要なことと、多くの部品と手間がかかる分、たいへん丈夫で長持ちする、しなやかな靴が出来上がります。中物にコルクやフェルトを入れることで、吸湿性・断熱性にも優れ、クッション性と足なじみにも優れています。

ハンドソーンウェルト製法(ハンドソーンウェルテッド製法)※写真/Saion(サイオン)横山直人
ハンドソーンウェルト製法(ハンドソーンウェルテッド製法)
ハンドソーンとは手縫いの意味。靴の中底にアッパー(甲革)を吊り込み、ウェルト(細革)と呼ばれる棒状の細長い革を巻きつけながら縫い付け(すくい縫い)し、最後にウェルトとアウトソールを縫い付け(出し縫い)する製法で、そのすべてを手縫いで仕立てる。もともと、ハンドソーンウェルテッド式だった製靴法を、19世紀初め機械化したのがグッドイヤーウェルト式なので、構造はグッドイヤー式とほぼ同じである。ただ機械では難しい、手製でしかできない縫いのラインなどがあるため、足に合わせた注文靴などにはハンドソーンウェルト製法が一般的である。また、使用できる素材(皮革)も幅広く、仕上がりも手縫い独特の柔軟性の富んだ靴に仕上がる。

九分仕立て(くぶじたて/くぶしたて)
ハンドソーンウェルト式製法のうち、底付け(アウトソールの出し縫い)のみ機械縫いで行う製法のこと。十のうち九分を手製で仕立てるという意味からついた呼び名。 甲革(アッパー)のつり込みを完全に手作業で行い、すくい縫いを手作業で行うことで、ハンドソーンウェルト式製法同様、柔軟性の富んだ靴に仕上がり、足にフィットしやすい。


九分半仕立て (くぶはんじたて/くぶはんしたて)
九分半仕立て(くぶはんじたて/くぶはんしたて)
九分仕立ての底付け(アウトソールの機械縫い)の一部を手縫いで行う製法のこと。つま先部分の出し縫いを機械縫いで行い、土踏まず(ウェスト)部分を手縫いで仕上げることが多い。手縫いで仕上げることで、土踏まず部分のウェルトを極限まで見えなくし、踏まず部分を絞り込むベベルドウェストが可能になる。エレガントな体裁かつ、土踏まずのフィット感が格段に向上し、独特な履き心地が味わえる手製靴の特徴のひとつ。

マッケイ製法
マッケイ式製法
日本には、1897年ドイツからマッケイ縫いマシン(アリアンズ機)が輸入されて広まった製法で、マッケイ縫いのことをアンズ縫いとも呼びます。シンプルな構造上、ソールの返りが良く、どんな柔らかい革でも靴にできる製法です。履き込んでいくうちの、足を包み込むような足なじみは、マッケイ製法独特の特長です。コインローファーなどには、この製法が多く使われています。

袋マッケイ(ふくろマッケイ)
上図イラストのように、袋状に縫い付け(袋縫い)された甲革を、マッケイ縫いでソールに縫いつけられた靴のこと。履くうちに甲革が足を包み込み、独特なフィット感を生み出す。ローファーやイタリア製スリッポンなどに多く見かける製法。

マッケイ製法
マッケイ式製法2
中物に、コルクやフェルトなどのクッション材を入れたマッケイ製法です。もともと室内履きとして誕生したと言われるマッケイ製法ですが、そのためクッション性がほとんどなく、屋外で長時間歩く事にはあまり向きませんでした。その欠点をうまく改善したのがこの製法です。最近の紳士靴で多くみられるようになりました。

ブラックラピド製法
ブラックラピド式製法
ブラックはイタリアで言うところのブレーク式、つまりマッケイ式のことで、中底をマッケイ式で縫いつけ、さらに本底を出し縫いする製法。ブラック(=マッケイ)と組み合わせることにより、2回縫っても、グッドイヤー式より迅速に(rapid)できることから、この名称がついたものと思われる。日本ではマッケイ・グッド、あるいはMG製法と呼ばれている。グッドイヤー式の耐久性の良さと、マッケイ式の返りの良さをかけあわせたような製法です。

セメント製法(セメンテッド式製法)
セメント製法(セメンテッド式製法)
アッパーと底材を接着で貼り合わせる製法です。略して「セメント製法」とも言います。日本には1949年に入ってきた技術で、縫い糸を使わず靴が造れることで、当時量産の難しかった靴に画期的な技術革命をもたらしました。国内では、1952年頃から本格的な量産に入り、現在では接着剤の進歩とともに、かなり多くの靴がこの製法で造られています。材料を選ばない製法のため、多種多様なデザインや素材を使った靴を造ることが可能になりました。中物には一般的に、クッション性のよいスポンジ素材(フェルトなど)が使われています。

セメント製法(セメンテッド式製法)のダミーウェルト
セメント製法(ダミーウェルト付き)
比較的、自由に靴をデザインできるセメント製法のため、様々な靴が誕生しています。最近のセメント式の紳士靴は、右図のような見栄えの工夫がされています。コバとソールに出し縫い糸の意匠を施したうえで接着してあります。見た目は、グッドイヤーウェルト式製法で造られた靴のような豪華さがあります。

オパンケ製法
オパンケ製法
アッパー(甲革)の周りを囲ったソールを、アッパーのサイド(横)から縫い付け、ソールを装着する製法。スニーカーなどのカジュアルシューズに多く見られる。また、その縫い付けを「オパンケ縫い」という。